遺伝以外で恵まれた体格を手に入れることはできるのか?
ジュニアスポーツ選手の体に必要な要素とは!?

ボクシングや柔道のように階級分けのある種目以外、身長が高いということは様々な競技において大きなアドバンテージとなります。

近年、スポーツチームの指導者の間では、昔ながらの「根性論」を捨て、ジュニア世代から体作りや、メンタルサポートを行う指導者が増えてきています。
特にトレーニング以外の「食育」という部分に力を入れている指導者も多く、チーム単位で食事管理をしたり、ジュニア用のプロテインを導入しているチームもある程です。

なぜ、ジュニアアスリートにとって「食育」が大事なのか? 


 
子供が成長するためには、運動後や睡眠時に多く分泌される「成長ホルモン」が大切と言われていますが、食事量が少なかったり、偏った食生活を続けていると「成長ホルモン」の分泌量が少なくなり、成長に影響が出てきます。
 
また、成長ホルモンには『生命維持の為に優先的に消費される』という性質があります。
 
このため、特に運動量の多いジュニアアスリートにおいては 「疲労回復や筋肉修復」が優先され、成長に必要な分が不足しやすくなってしまいます。
 
では、成長期のジュニアアスリートにはどれぐらいの栄養素が必要になるのでしょうか?
 
ジュニアアスリートは一般の子どもの 1.5倍~2倍のカロリーが必要といわれています。 但し、カロリーだけ摂取しても成長にはつながりづらく、 栄養素の質が重要な要素になっていきます。
 
最近ではスポーツ店に入ると、当たり前のようにジュニア向けの「プロテイン」や子ども向けの「サプリメント」を目にするようになりました。
 
そんなジュニア向けの栄養食品ですが、ここ1~2年の間にプロテインとサプリメントの勢力図が変化してきています。 

プロテインに代わり、フリーフォームのアミノ酸へ推移


 
日本では30年ほど前からプロテインが流通しはじめ、10年程前から子供用のプロテインも発売されています。大人用とは違い、ココア味やヨーグルト味など子供でも飲みやすいプロテインが増えています。 
  
「プロテインを飲むとムキムキになって背が伸びなくなるのでは?」と心配される親御さんもいらっしゃいますが、ボディビルダーのような過度なトレーニングをしない限りは全く問題ありません。
 
逆に筋肉の修復や疲れをとるために、プロテイン(たんぱく質)は有効な栄養素です。 
  
長年、スポーツ界を席巻してきたプロテインですが、ここ数年は アミノ酸の人気が高まっています。
 
アミノ酸とは肉や大豆などのたんぱく質(プロテイン)が分解されて、体内に吸収される栄養素です。
 
 

 
通常、たんぱく質やプロテインを補給すると、たんぱく質を分解 → ペプチドに変化 → アミノ酸へ分解 されてから、体内に吸収されます。こうして吸収された栄養素が成長のための原材料として、主に睡眠時に分泌されます。
 
この分解の過程をカットした栄養素が、フリーフォームのアミノ酸です。したがって、①吸収効率が良く、②吸収時間も短く済み、③内臓への負担が少ない、という特徴があります。
 
また、たんぱく質(プロテイン)は過剰摂取した分は基本的には体外に排出されますが、排出できなかったたんぱく質は脂肪に変化し太ってしまうケースもあります。
 
さらには、数時間かけて分解・吸収されるので肝臓や腎臓に負担が掛かってしまいます。
 
そして、最大の問題はプロテインなどの水や牛乳に溶かして飲むタイプの商品は「砂糖・人工甘味料・香料・防腐剤」など、毎日飲ませるには抵抗のある原料が使用されているケースが大半です。

ジュニアアスリートにお勧めのアミノ酸サプリ

足りない栄養素をサプリメントで補うという考えは、ジュニアスポーツの世界ではすでに当たり前の習慣になっています。
 
美容や健康のためにサプリメントを摂取すること自体が世界基準での常識である今、子供のうちからサプリメントを使うのが早いということはありません。
 
しかし、数多く販売されているサプリメントの中からいいものを選ぶということは、専門的な知識の無い人にとっては時間もお金もかかってしまう作業です。
 
そこで今回はスポーツ指導者目線、利用者の口コミ、成分バランスといったデータを元に、おすすめ商品をピックアップします。
 

こちらのトータルアップは楽天リサーチでも「スポーツ指導者が推奨する成長期向けサプリ第1位」を獲得しているので間違いないでしょう。
 
トータルアップはサッカー、野球、バスケ、バレーボールなどのチームがクラブ単位で導入しているケースも多く、ジュニアスポーツ選手の父兄さんにはかなり有名なサプリメントです。
 

チーム導入をしているフットボールクラブ深谷(FC深谷)さんでも、所属しているほぼ全てのU13~U15選手がトータルアップを愛飲しています。※公式サイトより抜粋

FC深谷さんはU15県リーグ1部で戦っている街クラブです。指導者の多くはJリーグユース、ジュニアユース指導経験者が多く、卒団生はJリーグのユースチームや選手権出場レベルの強豪校に進学しています。

トータルアップがクラブチームに導入される理由

プロアマ、ジュニアを問わず、アスリートにとって食事と睡眠(休息)は非常に大切です。
 
バロンドール賞を受賞している、クリスティアーノ・ロナウドや、日本人メジャーリーガーのダルビッシュ有投手が栄養管理を徹底していることは有名です。
 
しかし、栄養管理された食事を毎日食べさせるのはプロスポーツ選手でもない限り至難の業です。
 
そこで一般家庭でもジュニア世代・ジュニアユース世代・ユース世代、いわゆる成長期と呼ばれる世代に必要な栄養素が摂取できる「トータルアップ」が重宝されているのです。
 
① 計算された栄養成分の構成
② いつでも摂取可能な利便性
③ 無添加で作られている安全性
④ 製造、品質管理面での信頼性
⑤ ジュニアスポーツを応援している企業姿勢
 
こうしたポイントが、ジュニア選手の保護者や、体作りや技術面を指導している監督・コーチに支持されているようです。
 
お手頃なサプリメント、美味しそうなサプリメント、なんとなく良さそうなサプリメント、見映えのいいサプリメント、今、インターネットで検索すれば成長期のお子様向けに色々なサプリメントが販売されていますが、サプリメントは子供の口に入るものです。
 
●どんな会社がサプリメントを販売しているのか?
●どんな原材料で作られているのか?
●実際にそのサプリメントを誰がどんな目的で使っているのか?
 
その辺りまでしっかり見極めていくと「本当に選手(子供)のためになるサプリメントならこれだ!」となる訳ですね!


 
トータルアップを飲んでいる人の感想  

埼玉県 I.Nさん
 
うちの双子の息子は、地元では強豪のサッカー街クラブに所属しています。兄は素直にトータルアップを1年半のみ続け、身体がしっかりしてきました。
 
おかげで中学からはJクラブジュニアユースから声がかかりましたが、弟の方は、好き嫌いも多くサプリも飲まなかったせいか、明らかに兄と体格差があります。
 
Jクラブから声が掛からなかったせいか、最近はトータルアップも毎日飲んでいます。栄養、睡眠が大事なことを我が子をみて痛感しています。

ご愛飲歴1年6ヶ月

東京都 K.Sさん
 
幼いころよりスケートを始め二人三脚でトレーニングしてきましたが、レッスンの限界を感じ、東北から1年半前に娘と2人で上京してきました。
 
小さい頃からオリンピックで金メダルを取るという「夢」だけのために、必死に練習している娘を少しでも応援してあげたくトータルアップを飲ませています。
 
この1年飲み続け結果が出てきています。中学卒業までは続けさせます。
 
ご愛飲歴1年

ジュニアアスリートに必要な要素【まとめ】

いかがでしたでしょうか。ジュニアアスリートや成長期の子供にとって「栄養」というものが、いかに重要な役割を担っているか。
 
今、育成の現場で実際に導入されていること、成長期の身体づくりや食育のリアルな現状を感じて頂ければ幸いです。これからのお子様の成長や活躍に「栄養面でのサポート」も意識してあげて下さいね。
 
高さや強さを求められるスポーツにおいては、身長や筋力を含めた「体格」も立派な才能のひとつ。“あと一歩”が届くようになったり、“もう少し遠く”が届くようになったり・・・
 
今までできなかったことができるようになる。その才能を生かすことで、1つ上のレベルを経験し、2つ上のレベルで通用するようになる。
 
そうやって一歩ずつ一歩ずつ、子供たちは成長して行くのだと思います。

関連リンク

ジュニアアスリートには栄養補給が大切です。

わたし達が選んだ「成長サプリ」はコレ!